事務局さんのブログ

平成26年度山梨CST(学生)認定証授与式

26年度 山梨CST(学生)認定証授与式が行われました。

平成25年度第1回山梨CST(学生)認定証授与式が行われました

 ●平成25年度第1回山梨CST(学生)認定証授与式が行われました

平成25年度山梨CST修了・認定

 平成25年度の山梨CST養成プログラムが全て終わりました。

平成26年3月7日には、「平成25年度第1回山梨CST養成事業評価委員会」にて
修了・認定の可否について審議が行われました。
その結果
1年間の現職教員プログラムを修了された3名に加え、
2年間の学生プログラムをおえた山梨CST(学生)認定者6名を輩出することとなりました。

また、現職教員へは「修了証」を山梨県教育委員会より
学生へは「認定証」を教育人間科学部長よりそれぞれ授与されることになります。

山梨CST修了証交付

 24年度の山梨CST養成プログラムが終わりました。

現職教員対象の1年間の規定のプログラムを
4名全ての先生方が修了されました。

山梨大学学長・山梨県教育長より修了証が交付されました。

山梨コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成事業 通常取り組みをスタートしています

山梨大学・山梨県教育委員会・山梨県立科学館の連携のもと
「コア・サイエンス・ティチャー(CST)養成拠点構築事業」
平成21年度より試行的取り組みを行ってまいりました。
2年間の試行を経て、
平成24年度からは
「山梨コア・サイエンス・ティーチャー養成事業」として
通常取り組みを開始しました。

「現職教員用プログラム」は
小学校教員及び中学校理科教員を対象としています。
規定時数以上の研修を履修すること、そしてBIRC
(Blackboard-style Illusutrative Report for CST:CST養成のために開発したレポート)
の点数も基準を満たした方へ、修了者として修了証を交付します。

モンシロチョウのたまご

4/25 白っぽかった「たまご」が黄色くなっていました。筋のような模様もみえます。

追 記: 観察の続きは「理科実験」のほうに投稿しました。

モンシロチョウの観察をはじめました

 昨年、アゲハチョウの幼虫を育ててみました。
 たまご→幼虫→サナギ→成虫
 となることは知っていましたが、実際に育ててみると細かないろいろな発見がありました。

 そこで今年はモンシロチョウもしっかり観察してみようと思います。
   4/16(月) モンシロチョウが飛んでいるのを見て、キャベツの苗を購入。
                           観察の時、移動しやすいように鉢に植えました。

つくし林


先日、K号館裏の斜面で、ツクシを見つけました。(4/9)
ツクシなのに(?)、迫力があります。

子どもの頃、節のようなところを使ってよく遊びましたが、
決まってスギナも近くにありました。
どうしてかな?と思って調べてみたところ
「ツクシはスギナの胞子茎」だと分かりました!
いつもそばにあるわけですよね…。知らなかったことがはずかしい…。

さくら

大学の桜も満開です。
   2012.4.9撮影

  

2月の大学

少しあたたかくなってきたと思ったら、今日はまた風が冷たいです。

春はどこまできているのかな。

2月に撮った大学の様子です。
まずは、2月13日撮影のもの・・・。

   霜柱。 分かりやすいよう倒してみました。
                         小学校だったら朝一番に子ども達がザクザク踏んでますよね。                                                                                          

宇宙

9月20日 CSTの研修として、三鷹にある国立天文台と、相模原のJAXAの施設に行ってきました。
国立天文台では、実際に観測していた望遠鏡を見せていただきながら、天文観測の経緯などを伺いました。
手動の望遠鏡から、ハワイの最新の観測所の様子まで、詳しく教えていただきました。
 スバル望遠鏡の1/50の模型

午後は、JAXAの相模原キャンパスへ。
金星探査機「あかつき」や、今話題の「はやぶさ」などを
実際につくったり検査をしたりしたという現場をみせていただきました!!

トンボのめがねの裏

トンボがとまっていました。少し青っぽい白。長い間じっとしていたので、いろいろな角度から写真を撮ったのですが・・・
 このきれいな目の裏側ってどうなっていると思いますか?

答えは・・・
      え?からっぽ?(ぱっと見た感じ)
今まで考えたこともなかった裏側。こんな風になってました。

アゲハの飼育いろいろ

アゲハのたまごを見つけてから3週間以上がたちました。

孵化を見ようと、部屋に持ち帰ったたまご。
朝見たら孵化していて、殻を食べるかな?と
職場につれて行きました。
 
大きめの入れ物にいれたし、短時間(10分ぐらい)だからと、
出かけるとき蓋をしてしまったんです。
ついてすぐ、蓋をあけたのですが、それからずーっと動きませんでした。

酸素の穴を開けるという
基本的な事を怠った結果、可哀想なことをしてしまいました。

その後も、いろいろ失敗をしながら、観察を続けています。
おかげで、少しアゲハについて詳しくなってきました。、

アゲハのたまごがかえりました

27日夕方、帰宅してアゲハのたまごを見に行ったら、ひとつ孵化していました。
 殻がなくなって、白い跡が見えます。

 葉の裏から見たところ。幼虫がすけて見えます。

アゲハのたまご

7/24日曜日、家の庭に植えてある「からたち」(??)の木の周りを、
アゲハ蝶が長い間とんでいました。(撮影に失敗。残念。)
少し葉にとまっては、また飛んで、また とまってを繰り返し去っていきました。
葉を見てみると 
1ミリほどの黄色いたまごが!

あちこち とまっていたようなので、たまごを探してみましたが、堅そうな濃い色の葉のところにはほとんど無く、
黄緑色の柔らかそうな新芽のあたりに集中して見つかりました。