みんなのブログ

宇宙

9月20日 CSTの研修として、三鷹にある国立天文台と、相模原のJAXAの施設に行ってきました。
国立天文台では、実際に観測していた望遠鏡を見せていただきながら、天文観測の経緯などを伺いました。
手動の望遠鏡から、ハワイの最新の観測所の様子まで、詳しく教えていただきました。
 スバル望遠鏡の1/50の模型

午後は、JAXAの相模原キャンパスへ。
金星探査機「あかつき」や、今話題の「はやぶさ」などを
実際につくったり検査をしたりしたという現場をみせていただきました!!

トンボのめがねの裏

トンボがとまっていました。少し青っぽい白。長い間じっとしていたので、いろいろな角度から写真を撮ったのですが・・・
 このきれいな目の裏側ってどうなっていると思いますか?

答えは・・・
      え?からっぽ?(ぱっと見た感じ)
今まで考えたこともなかった裏側。こんな風になってました。

みのむしのゆくえ

この間の投稿でKuratさんにコメントをいただいてから、
見つけた場所を私も見に行ったんですが、
付近にもあのみのむしは見当たらず、残念に思っていました。

それが今日、
いきなり発見!!

L号館入口のマットの上に転がっていました。

青い矢印のところが今回見つけたところで、
黄色い矢印のところが前回見つけたところです。

みのむしのなかみ

 L号館の前辺りの壁で、何やら奇妙な動くものを発見しました!

あんな形の見たことない…
葉っぱが風で揺れているだけ?
バッタ?

なんだろうと思って近づいてみたら、みのむしでした!
今まで、葉っぱなどに完全に包まれたものしか見たことがなかったので、
動いている様子には驚きました。
まだ作業中で、本体が出ています!

ゼミ中のいろいろ…

今日のゼミ中に、費くんがファーブル昆虫記の話を出したときに、
思わず松森先生が
「Kuratさんは日本の女ファーブルではないか」
と言っていました^^
大好評です!!

PS.午前中の松森先生のコメント、ゼミの休憩時間に私のパソコンから入力したものでした(笑)

松森です。

Kuratさんのアゲハ蝶の観察記録、ワクワクしながら拝見しています。
新たな発見が次々に見つかっているようで、こちらも一緒に感激しているところです。
これからもよろしくお願い致します。

(なお、この文章は、一瀬さんとの合作です。) 

アゲハの飼育いろいろ

アゲハのたまごを見つけてから3週間以上がたちました。

孵化を見ようと、部屋に持ち帰ったたまご。
朝見たら孵化していて、殻を食べるかな?と
職場につれて行きました。
 
大きめの入れ物にいれたし、短時間(10分ぐらい)だからと、
出かけるとき蓋をしてしまったんです。
ついてすぐ、蓋をあけたのですが、それからずーっと動きませんでした。

酸素の穴を開けるという
基本的な事を怠った結果、可哀想なことをしてしまいました。

その後も、いろいろ失敗をしながら、観察を続けています。
おかげで、少しアゲハについて詳しくなってきました。、

アゲハのたまごがかえりました

27日夕方、帰宅してアゲハのたまごを見に行ったら、ひとつ孵化していました。
 殻がなくなって、白い跡が見えます。

 葉の裏から見たところ。幼虫がすけて見えます。

アゲハのたまご

7/24日曜日、家の庭に植えてある「からたち」(??)の木の周りを、
アゲハ蝶が長い間とんでいました。(撮影に失敗。残念。)
少し葉にとまっては、また飛んで、また とまってを繰り返し去っていきました。
葉を見てみると 
1ミリほどの黄色いたまごが!

あちこち とまっていたようなので、たまごを探してみましたが、堅そうな濃い色の葉のところにはほとんど無く、
黄緑色の柔らかそうな新芽のあたりに集中して見つかりました。

生物畑?で、観察?をしていたら、
昨年CSTを受講していた学生さん達に会いました。
   
畑の横にある温室風の建物の中で育てられている藻-モ-を見せてくれました。

キュウリの理科

 今日も、生物教室?の畑より。

CST事務室に揃えてある小中学校の理科の教科書で、
ヘチマやゴーヤを、どのように理科であつかっているのか見てみました。

山梨県内の小学校でつかっている2社の教科書のうち、
ひとつは「ヘチマ」 を、
ひとつは「ツルレイシ(ゴーヤ)」 を主にとりあげていて、
別の植物として「キュウリ」 にもふれていたりします。

4年生では、気温と成長の様子などに着目していて、
教科書に「花」の写真はのっていますが、

7/20の大学

県内の小中学校は、1学期の終業式だったところも多いのでは?
いよいよ、子ども達は夏休みですね。

夏本番の大学の様子を撮ってみました。
 
例のゴーヤです。しっかり実がなってます。

H23年度 CSTプログラム説明会でした

先週金曜日、H23年度のCSTプログラムの学生向き説明会を行いました。

時間よりかなり早めに集まる様子など、
とってもやる気を感じさせる学生さんたちでした。

「理科教育の中核となる教師に・・・」という先生からの説明に、
皆、真剣な表情。
プログラムの趣旨をきいて、9名が受講を決定しました。

今年で3年目となる取組ですが、様々な事情で
今年は、今からのスタートとなります。

期間が短い分、忙しくなりそうですが
頑張っていきましょう!!
 

7月になりました。 

 突然、真夏がやってきたので、まだ緑のカーテンは
 間に合っていないところが多いのではないでしょうか。

先日、ゴーヤやヘチマのことをかきましたが、
やはり、仲間の植物で、4年生の理科の教材になっていました。
教科書によって、ヘチマだったり、ゴーヤだったりしています。

先日(7/4)、とある小学校でゴーヤ?が植えてあるのを見ました。
葉の色が薄く、ちゃんと育つかちょっと心配です・・・・。
(理科の教材としてではなく、緑のカーテンにするために植えたそうです)

ヨウヘイ 

6/20にカエデの葉の写真を載せました。

見てくださったM先生が、「ヨウヘイもおもしろいよ。」と教えてくださいました。
誰かの名前みたいですよね。でも、違います。
「ヨウヘイ」は「葉柄」と書くそうです。葉の柄の部分です。

葉柄が、とても長いものや短いものがあり、それは、葉が重なってしまわないようにするためだそうです。
 (日光をたくさん浴びて光合成ができるように)
  葉柄の長い葉、短い葉。