つくし林


先日、K号館裏の斜面で、ツクシを見つけました。(4/9)
ツクシなのに(?)、迫力があります。

子どもの頃、節のようなところを使ってよく遊びましたが、
決まってスギナも近くにありました。
どうしてかな?と思って調べてみたところ
「ツクシはスギナの胞子茎」だと分かりました!
いつもそばにあるわけですよね…。知らなかったことがはずかしい…。
      
ツクシの穂(胞子嚢穂)は胞子葉の集まりだそう。

 節のところでひき抜いたり、戻したりして遊びました。

恥かきついでに、
「 スギナ って、杉の木になったりするんですか?」
と言って、教授に笑われてしまいました。
多年生のシダでした。
よかった。K号館の裏が杉林になったら大変ですもんね(笑)