モンシロチョウの観察(CST)

            モンシロチョウの観察 1 (4/16~5/24)                 CST事務局

  理科の教材としてよく使われるモンシロチョウ。
  教室でも観察用に飼育されていることが多いと思いますが、育てたことがないと言う学生も何人もいました。
  そこで、CST事務局で育てながら観察をしてみることにしました。
    
  ※準備
   ・モンシロチョウが好きなキャベツの苗を植え、卵が産み付けられるのを待つ。
    (野外、室内と移動しやすいように、鉢植えにする。)
   ・幼虫が食べ始めると、葉がどんどんなくなってしまう可能性があるので、エサ用の鉢も用意する。
    エサ用のものは、蝶がこないようにネットをしておく。

   

  4/16 モンシロチョウが飛んでいるのを見て、キャベツの苗を植えた。
                         
                      4/21 まだ卵はうみつけられていない。
       
  4/23 葉の裏側に卵を確認。この他にも2つ、全部で4個あった。
                           全て、裏側に産み付けられていた。メモリは1mm。
                           理科の教科書にのっている写真は黄色だが、白っぽい印象。 
                                 
  4/25 濃い黄色になってきた。色は変化するようだ。 筋のような模様もみえる。 
 
 4/27 少し黒っぽくなっているところがある。 孵化が近いのだろうか。
  
 4/28 午前中に見たら、孵化していた。幼虫はすきとおって見える。(幼虫A)
 
 4/30 約3mmに。 孵化した時の葉を食べている。
                          まだ、エサの心配はいらないよう。 
 
 5/5 孵化から一週間。約1cmになった。透き通った印象はなくなり、
                         しっかり黄緑色。
                         同じ頃孵化した幼虫が2匹いなくなっている。
                         外に出しておいたので他の昆虫に襲われたのかもしれない…。

                      ~5/12 キャベツの穴(食べた跡)がだんだん大きくなってきた。
                           3cm近くなってからは特に食べる量が多くなったように思った。
                           しかし、幼虫2匹ならキャベツ苗一鉢(4/16参照)で大丈夫な様子。 

 5/13 キャベツの鉢から離れなかった幼虫が、壁をのぼっていた。
                          まだ3cm 程だが、もうサナギになるのかな? 飼育ケースに移してみた。
                          エサが足りなくなって、さがしにでかけた?のかもしれないので、念のため
                          新しい葉も入れてみたが、食べる様子はない。 
 5/14 朝見たら、糸をはって体を固定していた。前蛹の状態。孵化から16日。
 5/15 朝、6:30頃 もぞもぞと皮をぬぎすてた。とんがったサナギの形になった。
                          右は、同じ日に孵化した幼虫B。14日の午後に前蛹になった。
     午後、右の前蛹もサナギになった。下に抜け殻が落ちている。
                           写真中央が、朝サナギになったもの。
     抜け殻。 アゲハの幼虫の抜け殻とよく似ている。

  5/23 サナギになってから8日たった。くらい色になってきたので、そろそろ羽化
                            するのではないかと待ってみるが、羽化しなかった。
  5/24 10:30頃。羽の模様がくっきりと透けている。
                              羽化する前はこのくらいの状態になる事が分かった。
     11:05頃。10分程 目を離した間に羽化していた。
                                サナギの割れ方が アゲハとは違う。どうやってでてきたのだろう?           
                             
                         
 
   12:40頃。もう一つのサナギも羽化。出てきたばかり…、というか
                                また、出てくる瞬間を見逃してしまう…。