雲の色の違いについて

質問者: 
kzm-hny
質問: 

この間、部活のメンバーで山に合宿に行ったんだけど
急に雲行きがあやしくなって雨が降ってきちゃったの!
そのとき不思議に思ったんだけど、
晴れてる時の雲は炊き立てのご飯みたいに真っ白なのに
なんで雨の時の雲は真っ黒なんだろ?
考えてもわかりません…。
だれかたすけてーー!!

回答: 
雲は,小さな水の粒や氷の粒が集まってできています。
雨を降らす雲には,空の低い所に浮かび,雲の厚さも厚いことが必要です。 
だから,写真①のように,雨を降らせる厚い雲のほうが,うすい雲より日光をたくさんさえぎるので暗く黒っぽく見えるのです。 
では,黒っぽく見える雲なら,どの雲も雨を降らせるのでしょうか。
たとえば,写真②のように,晴れた日の夕方,西の低い空をながめると,黒っぽい雲が見えることがあります。
横に広がった薄い雲に,横向きに日光が当たるので,日光がたくさんさえぎられてしまい,厚い雲と同じように暗く黒っぽく見えるのです。
みなさんも雲を観察して確かめてみましょう。
 

写真①                            写真②

      

山梨コア・サイエンス・ティーチャー修行中 学生一同